2010年11月09日

世界の観光地と日本人旅行者

「世界の観光地」に数えられるところは、世界中にたくさんあります。「世界の観光地」としてどこの国の観光地がいいかというと、その人の好みなどもあり、一概に「これぞ世界の観光地」というのは難しいかもしれません。


探険旅行ウェブサイトiExploreが先日発表した「2006年世界人気観光ランキング」によると、「世界の観光地」のトップはエジプト、第2位南極、第3位南アフリカ、以下ペルー、中国、タンザニア、インド、タイ、イタリアとアルゼンチンとなっています。


また、世界観光機関(World Tourism Organization(WTO))によると、2004年に海外旅行客が最も多く訪れた「世界の観光地」がある国・地域のベスト10は、1位フランス、2位スペイン、3位アメリカ、以下中国、イタリア、イギリス、香港、メキシコ、ドイツ、オーストリア(2005年5月19日発表)となっています。


一方、「世界の観光地」として日本人が今年訪問した国は、1位アメリカ(ハワイを含む)、2位中国、3位韓国、4位タイ、5位香港、6位台湾、7位グアム、8位スペイン、9位オーストラリア、10位シンガポールとなっています(ツーリズム・マーケティング研究所による)。


世界の観光に関するJTBのレポートによると、昨年度の日本人の海外旅行者数は、1,753万4,565人で、前年度比13万人の増加。しかし、2000年度の旅行者数に比べると30万人ほど減少。近年の旅行者の特徴としては、60代を迎えた人の旅行者数が増加していること、全国的に旅行者数が減っている中、首都圏と東海地域の出国者数は増えていることなどが挙げられるそうです。
posted by KKJIK at 11:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| 出会い探しなら | 恋人探しなら | 無料出会いリスト | 出会い | 出会い地域 |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。