2011年02月18日

世界遺産とは

世界遺産とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された文化・自然遺産をいい、国や民族をこえて、人類が共有すべき普遍的な価値をもつ遺産を対象としています。


世界遺産は、文化遺産(すぐれた普遍的価値をもつ建築物や遺跡など)、自然遺産(すぐれた価値をもつ地形や生物、景観などをもつ地域)、複合遺産(文化と自然の両方を兼ね備えるもの)の3つ分けられます。


世界遺産の登録数は、2007年8月現在、141カ国にある851件(文化遺産660、自然遺産166、複合遺産25)。地域的にはヨーロッパの登録数が突出して多く、イタリア(41件)、スペイン(40件)、中国(35件)、ドイツ(32件)、フランス(31件)などとなっています。このように多くの物件が登録されている国がある一方で、世界遺産条約批准184カ国中、1件も登録物件を持たない国が44カ国もあり、登録における片寄りが見られるのが現状です。


世界遺産の中には、戦争や密猟、天災・災害、開発などが原因で後世に残すことが難しくなっているもの(危機遺産)や、戦争や人種差別など人類の犯した罪を証明するようなもの(負の世界遺産)などもあります。


危機遺産に登録されているのは次の30件です。


エルサレム旧市街と城壁(エルサレム)

チャン・チャン遺跡地帯(ペルー)

マナス野生生物保護区(インド)

ニンバ山厳正自然保護区(ギニア/コートジボワール)

アイルとテネレの自然保護区(ニジェール)

ヴィルンガ国立公園(コンゴ)

シミエン国立公園(エチオピア)

ガランバ国立公園(コンゴ)

オカピ野生生物保護区(コンゴ)

カフジ-ビエガ国立公園(コンゴ)

マノヴォ=グンダ・サン・フローリス国立公園(中央アフリカ)

サロンガ国立公園(コンゴ)

古都ザビド(イエメン)

ラホールの城塞とシャリマール庭園(パキスタン)

アブメナ(エジプト)

フィリピンの山地の棚田群(フィリピン)

ジャームのミナレットと考古遺跡群(アフガニスタン)

バーミヤン渓谷の文化的景観と考古遺跡群(アフガニスタン)

アッシュール(カラート・シャルガート)(イラク)

シルヴァンシャー宮殿と乙女の塔がある城壁都市バクー(アゼルバイジャン)

コモエ国立公園(コートジボワール)

バムとその文化的景観(イラン)

キルワ・キシワニ遺跡群とソンゴ・ムナラ遺跡群(タンザニア)

ハンバーストーンおよびサンタ・ラウラの硝石工場群(チリ)

コロとその港(ベネズエラ)

コソヴォの中世建築群(セルビアベネズエラ)

ドレスデンのエルベ川流域(ドイツ)

ガラパゴス諸島(エクアドル)

ニョコロ=コバ国立公園(セネガル)

サーマッラーの考古学都市(イラク)


私たちの大事な世界遺産、これらを守るために私たちは「何ができるのか」「何をしなければならないのか」、一人ひとりが真剣に考えたいですね。
posted by KKJIK at 11:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| 出会い探しなら | 恋人探しなら | 無料出会いリスト | 出会い | 出会い地域 |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。