2011年11月09日

世界文化遺産とは

世界文化遺産とは、世界遺産の「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」の3つに分類されているカテゴリーの中の文化遺産に属するもの。歴史的に意味があり、芸術的であり、研究上大切な記念碑や建物や遺跡のことです。


世界文化遺産は、1972年にユネスコの第17回総会で採決された「世界の文化遺産および自然遺産に関する条約」に基づき登録されています。その主旨は、人類が長い歴史を通して培ってきた文化的遺産を保護することで、未来の人類への遺産として残していこうというもの。


世界文化遺産は、2007年8月現在、世界141カ国で660カ所が登録されています。


世界文化遺産の登録基準は以下の通り。


1.人類の創造的才能を表す傑作であること。


2.ある期間、または世界のある文化圏において、建築物、技術、記念碑、都市計画、景観設計の発展に大きな影響を与えた人間的価値の交流を示していること。


3.現在存在する、またはすでに消滅してしまった文化的伝統や文明に関する稀な証拠を示していること。


4.人類の歴史の重要な段階を物語る建築様式、あるいは建築的・技術的な集積、または景観がすぐれていること。


5.抗しきれない歴史の流れによってその存続が危うくなっている、ある文化(または複数の文化)を特徴づけるような人類の伝統的集落や土地利用の一例であること。


6.顕著で普遍的な価値をもつ出来事、現存する伝統、信仰、思想、芸術的作品、文学的作品と直接または実質的に関連があること 。


なお、登録されている日本の世界文化遺産は11件です。
posted by KKJIK at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| 出会い探しなら | 恋人探しなら | 無料出会いリスト | 出会い | 出会い地域 |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。