2011年12月09日

重要伝統的建造物群保存地区とは

重要伝統的建造物群保存地区とは、昭和50年の文化財保護法の改正により定められた制度で、文化財保護法に基づき、市町村が条例などにより決定した「伝統的建造物群保存地区」のうち、特に価値が高いものとして国(文部科学大臣)が選定したもの。略して「重伝建地区」、または「重伝建」、「伝建」ということもあります。


重要伝統的建造物群保存地区に指定されているものは主に、城下町、宿場町、門前町などの歴史的な集落、町並みです。これらは主として木造の建築で構成されており、防災、特に火災に対する対策が必要なため、市町村は景観に配慮した防災施設などの整備事業を計画的に進めています。


重要な伝統的建造物はもちろんのこと伝統的建造物の保存は、なかなか大変なもの。そこで、伝統的建造物群保存地区を持つ69の市町村(2007年4月現在)が集まり結成しているのが「全国伝統的建造物群保存地区協議会」。協議会では、保存地区の歴史的町並みを保存するためのさまざまな情報を収集・蓄積し、これらを相互共有するとともに全国に発信するため、講演会の開催や写真パネル展、協議会のインターネットホームページの開設などを行っています。


成熟社会を迎える日本において、私たちの歴史や伝統を求める文化的志向は強くなっています。多くの人たちが重要伝統的建造物群保存地区はじめ、伝統的建造物群保存地区を訪れており、その重要性はますます高まっていくことでしょう。観光地として広く知られた所も多く、私たちは歴史の中で培われたこれらの建造物や伝統を後世に残すべく努力をしていかなければなりませんね。
posted by KKJIK at 11:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
| 出会い探しなら | 恋人探しなら | 無料出会いリスト | 出会い | 出会い地域 |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。