2011年06月27日

文化財とは

文化財とは、長い歴史の中で生まれ、育まれ、今日まで守り伝えられてきた貴重な文化遺産のことで、有形、無形のものがあります。


これらの文化財を守り伝えていくためには、指定・登録などの方法によって、文化財であることを広く知らしめ、適切な保護・管理措置をとる必要があります。文化財を守るために作られた法律が、1950年に制定された文化財保護法です。


文化財保護法では、文化財を「有形文化財」「無形文化財」「民俗文化財」「記念物」「文化的景観」「伝統的建造物群」などに区分しており、これらの文化財のうち、特に重要なものを「国宝」「特別史跡」「特別名勝」「特別天然記念物」「重要伝統的建造物群保存地区」などとして国が指定選定し重点的な保護の対象としています。


文化財の区分についての詳細は、次のようになります。


○有形文化財〜建造物、美術工芸品など形のあるもの。特に重要なものを重要文化財、さらに重要なものを国宝としている。


○無形文化財〜演劇、音楽、工芸技術など形のないもの。特に重要なものを重要無形文化財。このうち、個人がもつ技能、技術が指定された場合、その個人を人間国宝としている。


○民族文化財〜衣食住、生業、信仰、年中行事などに関する風俗習慣、民俗芸能、民俗技術など。特に有形の重要なものが重要有形民俗文化財、無形の重要なものが重要無形民俗文化財。


○記念物〜史跡(貝塚、古墳、遺跡など)、名勝(庭園、渓谷、山岳、洞窟、泉など)、天然記念物(動物、植物、鉱物など)があり、特に重要なものをそれぞれ特別史跡、特別名勝、特別天然記念物としている。


○文化的景観〜地域の人々の生活・生業および風土によって形成された、棚田、里山などの景観、日本の原風景。景観地区などとして都道府県または市町村が保存措置を講じているものの中から国が選定したものが重要文化的景観。


○伝統的建造物群〜周囲の環境と一体をなして歴史的あじわいを形成している伝統的町並み(宿場町、城下町、農漁村)、集落など。市町村が条例などにより決定したものの中から国が選定したものが重要伝統的建造物群保存地区。


文化財についてさらに詳しいことを知りたい方は↓

http://www.bunka.go.jp/bunkazai/shurui/index.html
posted by KKJIK at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
| 出会い探しなら | 恋人探しなら | 無料出会いリスト | 出会い | 出会い地域 |
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。